海へ山へ・・2 apoidake2.exblog.jp

<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

羊蹄山 比羅夫コース

生憎の曇天で時々小雨の降る中登山クラブの方々と比羅夫コースに挑戦しました。
さぁ~と雲が引いて姿を見せたニセコアンプリです。
f0157901_20292052.jpg

頂上では晴れ間もありました。・・・でも疲れました。
f0157901_2030739.jpg

[PR]
by apoidake2 | 2008-06-30 20:31 | Comments(0)

飛行船

メーリングリスト仲間の情報で飛行船の臨時基地へ行って来ました。

f0157901_22124062.jpg

コクピット兼キャビン?
f0157901_22132553.jpg

[PR]
by apoidake2 | 2008-06-26 22:18 | Comments(0)
6月初め真狩コースに挑戦!!!
7合目から8合目にかけては行者ニンニクの群生で柔らかい葉っぱが採り放題でした。
また5合目から下では竹の子が採集を待ってました。 お陰で下山が17時に。

あまり高く見えないけど
f0157901_10372683.jpg

途中の花々
f0157901_1038345.jpg


f0157901_10381647.jpg


f0157901_1038308.jpg


f0157901_1038446.jpg

父釜の雪は少なく例年だと7月?
f0157901_10393015.jpg

[PR]
by apoidake2 | 2008-06-23 10:50 | Comments(0)

大失敗 トホホホ

先日セーリングして帰港途中にプロペラに流れ網を引っ掛けて仕舞いました。
モーターボートで曳航してもらいクレーンで上架して網を外しました。
f0157901_17471914.jpg

写真には写ってませんが船上には抱えきれない程の網が引っ掛かってました。
f0157901_17493321.jpg

[PR]
by apoidake2 | 2008-06-20 17:50 | Comments(0)
雨龍沼湿原の美化協力金として毎回500円払いますが今回はタオルを一本呉れました。
理由は分かりませんが・・・。
湿原入り口(三合目)から見た南暑寒岳(中央)、暑寒岳(右)
f0157901_23154410.jpg

丁度見ごろのキバナシャクナゲ
f0157901_231620100.jpg

湿原入り口の看板
f0157901_23165970.jpg

[PR]
by apoidake2 | 2008-06-15 23:19 | Comments(0)
水芭蕉やエゾノリュウキンカ満開の雨龍沼湿原・南暑寒岳に行って来ました。
今が旬の竹の子採りに1時間も費やしてしまい下山は17時近くになって仕舞いました。
南暑寒岳頂上から見た暑寒岳
f0157901_145359100.jpg

ザゼンソウも群生してました。
f0157901_145511100.jpg

ツバメオモトも今を盛りに楽しませてくれました。
f0157901_1456325.jpg

[PR]
by apoidake2 | 2008-06-13 14:59 | Comments(0)
4月のテスト走行の時プロペラに違和感があり船底塗装までせーリング出来ずにいましたが
今日やっと待望のセーリングをしました。
f0157901_21175381.jpg

小さなジブセール(前帆)だけでも4,2ノット(時速7km位)出ました。
船底を綺麗にしたお陰です。
f0157901_21221988.jpg

今年はヤケにゴメが多いです。
f0157901_2122399.jpg


f0157901_21204549.jpg

[PR]
by apoidake2 | 2008-06-08 21:23 | Comments(0)

庭の花

退屈なので庭の花を撮りました。
f0157901_16223794.jpg


f0157901_16225451.jpg


f0157901_1623913.jpg


春に苗を貰って植えた「ミョウガ」です。
f0157901_16232683.jpg

[PR]
by apoidake2 | 2008-06-05 16:25 | Comments(4)
雨模様の日を縫って船底塗装をしましたが、ハプニング発生です。

海上から船を上架してイザ船底の洗滌をと・・・しかし高圧洗滌器などを積んだ車のキーを
紛失したようです、慌ててJAFに電話して来てもらう事に。
その間も船底に付いたフジツボや海藻が乾燥するとコビリついて落ちなくなるので
水道水を掛け続けました。

JAFの作業の様子を見に行ったり水道水を掛けたりで大慌てでした。
でも、見かねた傍で作業をしていた業者の方が高圧洗浄器を貸してくれました。
地獄で仏とはこの事で、やっとの思いで船底の洗滌をする事が出来ました。
その後は順調に船底塗装やプロペラにグリスを差したり一連の作業を終える事が出来ました。
f0157901_20482083.jpg

プロペラの違和感はプロペラに付着した大量の貝類のせいでした。

車のキーは作業終わり頃の夕方届きました。

上架から下架まで写真を撮ろうと思っていたのですが、そんな暇はありませんでした。

写真は前々回の様子です。
[PR]
by apoidake2 | 2008-06-01 21:03 | Comments(2)